皆さん、ビタミンEについてどのくらい知っていましたか?ビタミンEは、1922年にアメリカでハーバート・エバンス氏とキャサリン・ビショップ(ブランドなどの店舗をこう呼ぶことも多いでしょう)氏によっては発見された脂溶性ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)の一種です。ビタミンEは、トコフェロールとトコトリエノールの二種類に分けることができます。日頃、一般的にビタミンEと呼ばれているのは、トコフェロールです。トコトリエノールは、1950年代に新たに発見されたもので、別名「スーパー(スーパーマーケットの略称です)ビタミンE」とも呼ばれます。何故、スーパー(最近では大型の店舗が増えています)ビタミンEかといえね、トコフェロールの効果も持ちつつ、それ以上の?多くある働きも兼ね備えているためです。さて、ビタミンEにはどんな効果があるんでしょう?ビタミンEの大きな特徴は、抗酸化作用(カタラーゼやペルオキダーゼなどが抗酸化酵素として代表的です)がある事です。体内に活性酸素(過酸化水素、スーパーオキシド、一重項酸素、ヒドロキシラジカルなどの総称をいいます)が多くあると、生活習慣病(発症する原因が生活習慣にあると考えられている疾患全般の総称です)等の原因となってしまうのです。でも、抗酸化作用のあるビタミンEを摂取する事によって、その原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)を取り除くことができるのです。また、男性ホルモン(筋肉量の増加を促したり、性欲を増したり、体毛が濃くなったりなどの作用があると考えられています)や女性ホルモン(閉経後には分泌量が減り、更年期障害が起こることも多いです)への代謝効果もあるので、生殖機能のガンを抑えてたり、更年期(日本産科婦人科学会の定義によると、閉経の前後五年間をいいます)障害を防いだりします。その他、ビタミンEには血管を広げたり、血液の流れをよくする働きがあります。その結果、体の隅々まで血液が行き渡るので、肌の調子が良くなったり、血行不良(血液の循環が良くないことをいいます)による肩こり(筋肉の疲労が原因であることが多いものの、病気が原因で起こることもありますから、自己診断は禁物です)や五十肩の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が改善されてる効果も見られたりするなんです。ビタミンEがたくさん含まれている食品として、アーモンドやピーナッツ等の豆類、植物の油、ほうれん草やカボチャ、イワシやウナギ等があげられるでしょう。油に溶けやすい性質を持ったビタミンEは、油で調理して摂取すると吸収されやすくなるのです。ビタミンEの効果を得る為の摂取量としては、1日約100〜三百メートルgが目安と呼ねれているんです。ただし、600〜800ミリグラムが許容量とされており、それを超えると過剰摂取になる為注意が必要でしょう。ビタミンEを上手に摂って、肩こり(僧帽筋や肩甲挙筋などが同じ姿勢を取り続けることにより緊張して血行不良となることで、疲労物質が溜まってしまうことが原因だと考えられています)や五十肩の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を改善して下さいー